田仲千香士音楽祭

concert2009
第12回明治座クラシックコンサート
開催日時:平成21年10月4日(日)
開場16:00~ 開演17:00~ 
開催場所:加子母明治座(岐阜県重要有形民俗文化材)
演奏曲:ロッシーニ ウィリアム・テル序曲 ベートーヴェン 交響曲3番『英雄』
指 揮:豊嶋泰嗣
演 奏 :田中千香士アカデミックアンサンブル
参加費:一般2,000円(当日2,500円)高校生以下1,000円(当日1,200円)
主 催 :加子母風起こし実行委員会
協 力 :明治座活用委員会 

     ギターマンドリンふれあい村
後 援 :中津川市
お問合せ・予約:0573-79-2111(加子母総合事務所内 加子母風起こし実行委員会事務局)
「明治座」は「木」で生業を支えてきた加子母のシンボル。今年115歳を迎えた大型木造建築物。木の持つ音響特性や魅力をひき出すこのクラシックコンサー トが、みなさんを不思議な空間へ誘ってくれます。「木」の隠された魅力を発見 して「木の響き」を是非体感してみてください。

今年1月に逝った世界的なヴァイオリニストで東京藝術大学名誉教授の故田中千香士氏の遺志を継いで、今年も明治座クラシックコンサートが開催されることになりました。「生のクラシック音楽に触れる機会が少ない山村の子どもたちにデジタル音ではない本当の楽器の音を感じさせてやりたい」という田中先生の熱意に賛同する東京藝大の学生や院生、OBが集い、「子どもたちのためのクラシックコンサート」への協賛コンサートを開催してから、今回12回目を迎えます。これまで大勢のクラシックファン、演奏者やボランティアのみなさんに支えられて、毎年盛大に開催してくることができました。昨年までこのコンサートを支えてきた演奏者や関係者、そして何よりも毎年このコンサートに足を運ばれるみなさんがこのコンサートの継続を願い、今年も開催できる運びとなりました。今回指揮者に、日本を代表するヴァイオリニストの豊嶋泰嗣氏を迎えて、東京藝大の選りすぐられた学生や院生、そしてソロ活動や交響楽団に在籍する演奏者で編成されたオーケストラでお贈りします。若い力みなぎるダイナミックな演奏を聴かせてくれます。
豊嶋 泰嗣(とよしま やすし )【指揮】
東京生まれのヴァイオリン奏者、ヴィオラ奏者。 桐朋女子高等学校音楽科に入学、江藤俊哉・アンジェラ夫妻に師事。桐朋学園大学在学中からヴァイオリン、ヴィオラ奏者として演奏活動を始め、ハレー・ストリング・クァルテットを結成。1986年、同大学を卒業し、新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターに就任した。1993年、サイトウ・キネン・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・オーケストラのコンサートマスターに就任した。1997年から、九州交響楽団と新日本フィルのコンサートマスターを兼任している。1719年製のストラディバリウスを使用。現在、桐朋学園大学大学院で後進の指導にあたり、また兵庫芸術文化センター管弦楽団のコンサートマスター(室内楽担当)を務める。