明治座の概要

記録簿

加子母総合事務所に、和紙に墨で書かれた古い明治座の記録簿が数冊保管されていて、明治座建設前からの記録が細かく記載されています。

激動の時代の中で生まれた劇場

明治27年7月18日。その日、田口清助、岡崎才六、安江忠七、内木繁七、熊沢丈右衛門、梅田耕二郎、の6名は明治座舞台開きの外題の相談に集まった。会合場所は工事もかなり進み、骨組みがだいたい出来上がった明治座でした。この日決まった外題は「忠臣蔵」「梅の芳兵衛長吉殺」「御所堀川夜討」の3つ。しかし、これらの演目を地芝居で行うのか、買芝居なのかどちらのつもりだったのかは不明です。実際には舞台開きは、12月に買芝居で行われましたが、演目は大幅に変更されたのです。

それは、この7月の相談が行われた翌々日の20日に、日清戦争が勃発したことで、時局を考慮しての事だったのです。

 

建築概要

  • 形式 三方に下屋を持つ切妻造り、妻入り
  • 規模 間口 19.60m 奥行 25.71m
  • 客席 〔一階〕147㎡〔二階桟敷〕140㎡
  • 舞台 幅(脇舞台を含む)19.60m 奥行 7.85m
  • 舞台機構 皿廻し式の廻り舞台(盆の直径 5.50m)
  • 花道 両花道 本花道巾 1.45m 仮花道巾 0.4m
  • 楽屋 中二階建て

TOPに戻る

中津川市加子母(かしも)は檜(ひのき)と地歌舞伎の郷。かしも明治座は明治27年にできた、木造の芝居小屋。

岐阜県指定有形民俗文化財 かしも明治座

Copyright© 2008 Meijiza, All rights reserved.