田中千香士/木造建築に響く音  1 

tanaka
平成19年の公演で10回目になる田中千香士アカデミックアンサンブルによる明治座クラシックコンサート。東京芸術大学名誉教授である田中氏にお話を伺いました。
明治座クラシックコンサートは今年で十回目を迎えましたが、始まったきっかけはどういう事だったのでしょうか
 きっかけですか。それはね隣の村にねギターやマンドリンの学校があって盛んなんですね。そこの顧問をされていた荘村清というギターの大家が僕の友達だったものだから、こっちへ来る時にギターとデュエットやらないかということで中津川でやったんですよ。そしたらそこへ加子母村の方が来ていて、終わったらここで弾いてみて下さいということで、初めて明治座に来たんです。その時僕はストラディバリウスを持っていて、そのストラディバリウスと木造建築の木と木であうんじゃないかって言う事で、弾いてみたら実際すごく良かったんですよ。それで、学生の合宿をやってくださいということで、最後に発表会をして加子母の人に聴かせてやって下さいということだったんです。
 十周年ということですが、今まで続いてきたという事が大変な事ですし、それにオーケストラみんながいつも来るというのは、こちらに来て相当居心地がいいということですよ。それに明治座の雰囲気ですよ。そこでお客さんがクラシック音楽を聴くってことがめずらしいですからね。あとはやっぱり加子母の方の大歓迎ですよ。食べる物も美味しい物ばかりで、それが楽しみでみんな来てる様なもんだ。

加子母の食べ物でお好きな物は何ですか
野菜ですねやっぱり。今日だってみんなトマトだけをおかわりしたりしてるくらいですから。やっぱり、都会にいる人達はなかなかそういう新鮮な物は食べられないからね。都会はある意味便利ですけど、どれが本物かって言うとぜんぜん別物ですから。だからそういうところがわからない人がたまにここへ来て本物を見てびっくりするんですよ。木造建築とかね。木が育ってそこで家を建てて、その家がだめになった時には次の木が育っているっていうのは、それが本当の日本の住み方だと思うし、それが東京なんか、どんどん無くなってきてる。でも、ここに来るとそういう自然がよく見えるし、喜んでいます。
楽器を演奏するのに木造の明治座はどういう感じなのですか
明治座みたいな木造の建物は木の面が出ている所に音が反響していい音がでるのですが、人がいっぱい入ると人が音を吸っちゃうんですよ。だから本当は人が入っていないときの方が響きはいいんですよ。まあ、人が入ればそれはまた違う楽しみがありますけどね。音的には良くないんですよね。まあそれは別の問題ですがね。だから人が少ない状態で演奏会なんかやると響くでしょうね。要するに劇場そのものが楽器になるから。どこでもそうですけどそうなるように設計されていますからね。

加子母での演奏会は他で行われるものに比べてアットホームな雰囲気があると思うのですが、演奏者の方はそのへんはどういうふうに思われるのでしょうか
それは、演奏する方はね自分たちの楽器の腕前というか、そういうことにいつも懸けているから相手が誰でも関係ないですよ。本当はこのアットホームなのが本物ですよ。東京だとお客さんと演奏者の間に隔たりができちゃってますがお客さんといっしょにできるっていうのがここの良さです。ここは座席も無いし、寝転がってだって聴けるし、とにかく楽しいですよ。

インタビュー2

明治座クラシックコンサート