作品

迦楼羅 07-8

2007 板、岩絵具 350×720×9cm 

(横須賀美術館「生きる」出品作)
(埼玉県立近代美術館「ニュービジョンサイタマIII」出品作)

迦楼羅 07-9

2007 板、岩絵具 350×720×9cm 撮影/松本和幸

迦楼羅 07-1

2007 板、岩絵具 350×720×9cm 撮影/松本和幸
(埼玉県立近代美術館「ニュービジョンサイタマIII」出品作)

岡村 桂三郎 Profile

1958

東京都に生まれる。

1988

東京芸術大学大学院後期博士課程満期退学

1994~1995

五島記念文化賞美術新人賞受賞によるとして、渡米

1987~

コバヤシ画廊をはじめ個展多数

2006

「岡村桂三郎展」(財)佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館、東京

2008

「岡村桂三郎展」神奈川県立近代美術館、神奈川

主なグループ展

2010

-サラリーマンコレクター30年の軌跡-山本冬彦コレクション展」 佐藤美術館、東京/「META II」神奈川県民ホールギャラリー/「『日本画』の現在」青梅市立美術館/ 「五島記念文化財団-20周年記念展 美の潮流」Bunkamuraザ・ミュージアム、東京/ 「ひろがるアート−現代美術入門篇」三重県立美術館、三重/ 「五島記念文化財団「20周年記念展 美の潮流」」 Bunkamuraザ・ミュージアム、東京

2009

「眼をとじて−“見ること”の現在」茨城県立近代美術館/

2008

「第4回東山魁夷記念日経日本画大賞展」ニューオータニ美術

2007〜8

「ニュー・ビジョン・サイタマIII」埼玉県立近代美術館、埼玉/
「遠き道展」明石市文化博物館、兵庫[以降全国巡回]

2007

「初公開!「賛美小舎」上田コレクション」 練馬区立美術館,東京
「開館記念《生きる》」横須賀美術館、神奈川/
「日本画ワンダーランド」高崎市タワー美術館、群馬
「META II 2007」

2006

「モダン・パラダイス」東京国立近代美術館,東京

2005

「META展」神奈川県民ホール、神奈川/
「[絵図]と[絵画]との間で」ギャラリーオーブ、京都

2004

「超日本画宣言- それはかつて日本画と呼ばれていた」
練馬区立美術館,東京/
「第2回東山魁夷記念日経日本画大賞展」ニューオータニ美術館/
「KIAF 2004 韓国国際アートフェア」COEX、ソウル 韓国/
「2004 亞州新意美術交流展・
New Expression of Asian Art Exhibition」台南文化中心、台南 台湾
「琳派・RIMPA展」東京国立近代美術館、東京

2003

「絵画の現在展」新潟県立万代島美術館/
「現在の日本画-その冒険者たち-」岡崎市立美術博物館、愛知/
「Nihonga Works」Japan Cultural Centre、シドニー/
「あるサラリーマン・コレクションの軌跡」
三鷹市美術ギャラリー、東京ほか/
「MESSAGE」コバヤシ画廊、東京[以降毎年出品]

2002

「7人の日本人画家展」Galerie U Zlateho Kohouta、プラハ/
「21世紀の目展」日本橋高島屋、東京ほか [-10]/

2000

「表現の磁場-日本画の現在-」武蔵野美術大学美術資料図書館

1999

「現代日本画の展望展」東京ステーションギャラリー、東京

1998

「日本画」純粋と越境 - 90年代の視点から」練馬区立美術館、東京/
「META展」丸善日本橋店、東京[-02]

1997

VOCA'97 - 現代美術の展望 新しい平面の作家たち」
上野の森美術館、東京

1995

「環流-日韓現代美術展」愛知県美術館、愛知

1993

ART IN JAPANESQUE - 現代の「日本画」と「日本画」的イメージ」
O美術館、東京/
「現代絵画の一断面-「日本画」を超えて」東京都美術館、東京

1992

21世紀の旗手 1992 展 -日本の絵画-」
マンリー市立美術館、オーストラリアほか/
「NEW VOICE Contemporary Japanese Paintings」
ノースダコタ美術館他、ノースダコタ アメリカ他/
「三人展」アルファストギャラリー、ニューヨーク アメリカ

1991

「日本秀作美術展」日本橋高島屋ほか、東京ほか [01-03]

1990

「両洋の眼、現代の絵画展」日本橋三越ほか、東京ほか [-95,97-03]

1987

「山種美術館大賞展」山種美術館、東京他 [89]

1984

「創画展」東京都美術館、東京ほか [-93]